オランダ屋スタッフブログ

オランダ屋は、女性のためのビューティ&ヘルシーのための信頼と安心の"格安海外医薬品"老舗個人輸入代行です!商品情報やお得なキャンペーン情報についてスタッフのナマの声をお届けします。全商品100%正規品を安心保証で送料無料!

オランダ屋 マメ知識

ホワイトニング歯磨き粉の適切な選び方とは?

投稿日:

みなさまこんにちは!オランダ屋スタッフです。

 

仕事の合間にほっと一息つくとき、みなさんは何をしていますか?
私はコーヒーを飲みながら甘いチョコレートを食べるのが
忙しい日々の癒しとなっています。

 

が、最近あまりにもこの2つを摂取しすぎたせいか
歯の黄ばみが目立ってきました……。

 

コーヒー、チョコレート、そのほかワインやカレーなど
美味しいものほど歯の黄ばみの元となる
タンニンやカテキンを含んでいるのです。

 

ホワイトニングで一度にケアするのも一つの手ですが
なかなか時間が取れないし、費用もかさみます。

 

となると、毎日の歯磨きでいかに
ホワイトニングケアができるかが重要になってきますよね。

 

歯磨き粉選びで重要なポイントは何でしょうか?

 

 

1)代表的なホワイトニング成分

 

まず着目したいのが「過酸化水素」や「シリカ」といった
ホワイトニング成分です。
シリカは歯や歯ぐきが敏感な方でも使いやすいのが特徴。

 

一方、過酸化水素は歯ぐきへの強い刺激をともなうこともあるようです。

 

 

2)研磨剤には注意が必要

また、汚れを落とすための「研磨剤」ですが、
歯の頑固な汚れを除去する一方で、使いすぎると歯のエナメル質そのものも
削ってしまう恐れがあるそうなので注意が必要です。

 

研磨剤入りの歯磨き粉は、
コーヒーやワインなど色素の強いものの
飲食後に使用するのが効果的です。

 

 

3)自然由来の歯磨き粉にも注目

歯磨き粉といえばたいていはミントの香りですが、
ほとんどが人工香料を使用しています。

 

香料が苦手な方には、活性炭やターメリックなど
ホワイトニング効果があり、なおかつ自然由来の成分が使われているものがおすすめ。

 

 

4)ジェルやパウダーはどう使う?

パウダータイプのものは粒子が細かく歯の隙間まで届くのがメリット。

 

また歯磨き粉の成分でよくみられる増粘剤や保湿剤が
入っていないことや、ハーブや粘土などの自然の成分が
使われていることが特徴です。

 

ジェルは歯磨き粉よりも研磨性が低いため、
歯が敏感な人、エナメル質が欠損している人、
歯のエナメル質を構成するミネラルが不足している方向き。

 

パウダーもジェルも一般的な歯磨き粉と比べると
泡立ちが弱く、「歯を磨いている感」が少ないですが
慣れてしまえば問題ないでしょう。

 

まずは自分の歯の状態を知ることが大切です。

 

オランダ屋ではさまざまなデンタルケア商品を用意しているので
自分に合ったものを選んでくださいね。
いくつかの商品を使い分けてみるのもおすすめです。

 

白く輝く歯をキープしながら、黄ばみを気にせず
好きなものを食べ、忙しい日々を乗り切りましょう!

-オランダ屋, マメ知識
-, , ,

関連記事

冬って生理痛、ヒドくない? そんな貴方に知ってほしいピルのこと

皆さまこんにちは。オランダ屋スタッフブログです。 しんしんと冷える冬が足元まで迫ってきた今日この頃。 寒くなってくると困ること・・・生理痛です。   毎月女性を何かと悩ませる生理ですが、冬場 …

続きを読む

海外限定のリステリントータルケア

こんにちわ。オランダ屋です。 全国で梅雨入りが始まりましたね。 2017年の梅雨は雨の量が平年より多いそうです。 梅雨明けも遅く特に西日本は長めの梅雨となるみたいですね。 さて、みなさん、日本未発売の …

続きを読む

肝斑はオランダ屋で、治せる♪

こんにちは。オランダ屋ブログです。   最近鏡を見るたびに思うのが、「シミが増えたな…」ということ。 いつ頃から出始めたのかは分からないけれど、 気が付いてしまうと気になって仕方ないシミの存 …

続きを読む

オーストラリア発の老舗ブランドTilley(ティリー)の魅力って?プレゼント企画も開催中!

皆さまこんにちは、オランダ屋です。   緊急事態宣言が解除されたとはいえ、 コロナの不安が完全に拭いきれたわけではありません。 相変わらず家で過ごす方も多いのではないでしょうか。 もしくは、 …

続きを読む

【期間限定】毎年恒例◆新春初売りキャンペーンをお見逃しなく!

みなさん、こんにちは。オランダ屋です。   さて、突然ですが今回のオランダ屋スタッフブログは、 新年を迎えるのにふさわしい、とっておき情報のご紹介! 【キャンペーン期間】 2019年元日0時 …

続きを読む