オランダ屋スタッフブログ

オランダ屋は、女性のためのビューティ&ヘルシーのための信頼と安心の"格安海外医薬品"老舗個人輸入代行です!商品情報やお得なキャンペーン情報についてスタッフのナマの声をお届けします。全商品100%正規品を安心保証で送料無料!

オランダ屋 オランダ屋オススメ商品

空気が重ーくなる梅雨到来。関節の痛みはこれでケア!

投稿日:2020年5月29日 更新日:

皆様こんにちは。オランダ屋スタッフです。

 

来週から6月。

あっという間に梅雨の時期を迎えます。

今年はそれ以外の出来事に圧倒され、

正直、この間まで梅雨のことを忘れていました(汗)

 

しかし、体は正直。

私は学生の頃に運動部に所属していて、その際に膝を痛めたのですが、

先日歩いている時、なんとなく膝に違和感を感じ始めました。

これは私にとって、梅雨がやってきた合図。

憂鬱な季節の始まりです。

 

そもそも、どうして梅雨になると関節が痛み始めるのでしょうか?

 

これは、梅雨の時期特有の“変化”に関係します。

ヒトは、温度や湿度、気圧の変化があるとそれをストレスと感じ、

体を安定させようと自律神経の一つ、交感神経が活発化。

そうなると、交感神経・副交感神経のバランスが崩れて、

痛みをはじめとする体の不調が起こるのです。

 

膝、ひじ、指や手首。

関節痛の中でも一番多いのは膝なのだとか。

また、女性は男性と比べて関節の面積が小さく、より重力がかかるため、

年齢を重ねて筋力が弱ってくると特に痛めやすいそうです。

 

痛みが発生したら、我慢して悪化させないためにも

すぐにケアしてあげましょう。

 

 

オランダ屋注目の関節痛対策商品

[Nature’sPlus]グルコサミンコンドロイチンMSM・ウルトラRx-ジョイントクリーム

 

アメリカのヘルスケアブランド、Nature’s Plusのクリームです。

配合のグルコサミンとコンドロイチンは、軟骨にもともと存在する成分で、

関節痛に悩む方の中でも知名度が高く、その実績は言わずもがな。

 

本品ではこれらに加えて、関節の痛みや炎症を軽減するとされる

MSM(メチルスルホニルメタン)が含まれており、

3つの成分が相乗的に作用し、関節トラブルをケアします。

 

 

[パッチMD]グルコサミン&コンドロイチンパッチ

 

人気商品、パッチMD社の関節サポートパッチです。

こちらもグルコサミンとコンドロイチン、MSMを主成分として配合。

成分が皮膚から吸収されて内側からアプローチし、関節をケアします。

 

塗り薬やクリームは気になる箇所を集中的にケアできる一方、

乾くまでに時間が必要だったり、洋服に付かないか、など気にする方もいると思います。

 

パッチ型はその心配はなし。

塗るタイプと使い分けながら、痛みや不快感をケアするのがおすすめです。

 

 

関節は動かさないと凝り固まってしまい、痛みにもつながるので、

毎日軽いストレッチを続けていくのも大切。

また、かかる重力=関節への負担になるため、体重を管理することも重要です。

 

オランダ屋では関節ケアの商品はもちろん、

ダイエットに関する商品も豊富に取り扱っていますので、

一緒に覗いてみてください♪

 

オランダ屋でした!

-オランダ屋, オランダ屋オススメ商品
-, , ,

関連記事

日本と海外。スキンケアの違いを知って、海外コスメを使いこなそう!

************************* 皆さまこんにちは。オランダ屋です。   ご存知の通りオランダ屋では、色んな国の化粧品やサプリを取り扱っています。   スキンケア …

続きを読む

使い勝手、よすぎ!じりじり暑~い季節に嬉しいフェイスウォーター

オランダ屋スタッフブログをご覧の皆さま、こんにちは! 7月も半ばにさしかかり、そろそろ本格的な夏が近づいてきましたね。   夏って、紫外線だのエアコンから来る乾燥だの、 お肌に気を遣うポイン …

続きを読む

“抜け毛の秋”を阻止せよ!女性の毛髪ケアならリデニカル

皆さま、こんにちは。 オランダ屋スタッフブログへようこそ♪   11月になり、秋が深まってきましたね。そろそろ本格的な冬服の出番が迫っています。 スキンケアも、紫外線対策から保湿重視に切り替 …

続きを読む

「ガサガサかかと」にSayグッバイ!乾燥時期のお肌ケア

こんにちは、オランダ屋です☆   肌がピリピリしたり、突っ張っている感じがしたり。 何だか最近、ググッと乾燥が進んできたと思いませんか?   それもそのはず。 例年、10月・11月 …

続きを読む

イライラ解消に。サプリでアンガーマネジメント!

こんにちは、オランダ屋です。   ストレス社会ともいわれる現代では、 「キレる若者」だけでなく「キレる老人」も増加中。 昔よりも我慢することが苦手な人が増えた気がします。   新社 …

続きを読む