オランダ屋スタッフブログ

オランダ屋は、女性のためのビューティ&ヘルシーのための信頼と安心の"格安海外医薬品"老舗個人輸入代行です!商品情報やお得なキャンペーン情報についてスタッフのナマの声をお届けします。全商品100%正規品を安心保証で送料無料!

オランダ屋オススメ商品 女性の悩み 肌ケア

新生活、お肌のケアもしっかりと♪

投稿日:2018年3月16日 更新日:

 

皆さんこんにちは!

オランダ屋スタッフブログです。

 

寒かった冬も終わり、待ちに待ったですね♪

気が付けば、もうすぐ4月

 

気持ちも新たに、新生活がスタートする方も多いのではないでしょうか?

4月といえば、入学や社会人デビューなどライフステージの変化も多い季節。

 

そんな多種多様なライフスタイルの変化とともに、

お肌のケアもチェンジしてみてはいかがでしょうか!

 

オランダ屋では、いつまでも若々しく毎日を送る

女性の皆さまを応援するためにBIHAKUENシリーズをご紹介します♪

 

BIHAKUENシリーズは、年齢とともに気になるシミやしわ、

ニキビ跡など、エイジングサインにお悩みの方のために生まれた

アメリカのメディカルコスメブランド!

 

美容先進国のアメリカで愛用されるハイドロキノントレチノンを軸に

自分史上最高の美」を追求できる、強い味方です♪

 

一般の方を対象としたモニター調査では、驚きの結果が!!

詳しくは、下のページをぜひご覧ください♪

【BIHAKUEN総合ブランド紹介】

諦めていたシミ・シワ・にきび跡に集中美白 - BIHAKUEN

理想的なお肌を手に入れるためのスキンケアステップや、

様々な面からアプローチするアイテムもご紹介中です。

 

そんなBIHAKUENシリーズの中から本日は、2つご紹介させていただきたいと思います!

 

ハイドロキノンクリーム

肌の漂白剤」とも呼ばれる、美白を手に入れるためのクリーム!

シミの原因になるメラニン色素を抑制して、

シミの防止だけではなく、できてしまったシミも薄くする効果もあります!

 

同シリーズのトレチノインクリームと一緒に使えば、さらに美白効果UP☆

皮膚のターンオーバーを促進するトレチノインによって、さらに高い効果が期待できます!

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸は止血剤抗炎症剤としても使われるお薬。

風邪をひいて薬局でもらったことがある方もおられるかもしれませんね。

 

このトラネキサム酸は肌に現れるシミ・肝斑の治療にも使われていて、

原因であるメラノサイトの活性化を阻害して、シミを作らせない働きがあります。

 

女性ホルモンに影響を与えることなく長期的に使用できるのも魅力です♪

 

ご紹介した他にも、BIHAKUEN総合ブランド紹介ページでは色々な商品をご覧いただけます。

 

お肌に直接塗るタイプのクリームの他、

飲む日焼け止め、サプリメントなどアプローチの仕方は様々。

 

だけど、その目的はただ1つ!

理想的なお肌を手に入れること!

4月という変化の季節、新しいお肌のケアにも挑戦してみてはいかがでしょうか?

-オランダ屋オススメ商品, 女性の悩み, 肌ケア
-, , , , ,

関連記事

大気汚染に負けるな!オランダ屋の“アンチポリューション”化粧品

私たちのお肌にまで、なんてことを…!   2019年は、環境問題について考えさせられる年だったように思います。 日本を含め、世界各地で気候変動が原因と考える災害が起き、 9月の国連気候行動サ …

続きを読む

肝斑はオランダ屋で、治せる♪

こんにちは。オランダ屋ブログです。   最近鏡を見るたびに思うのが、「シミが増えたな…」ということ。 いつ頃から出始めたのかは分からないけれど、 気が付いてしまうと気になって仕方ないシミの存 …

続きを読む

年末年始は筋トレしちゃう?!オランダ屋スタッフおすすめの宅トレ動画を紹介♪

スタッフ一押し、「本当に効果のあった」宅トレYouTuberを紹介しています!毎日数分の動画を観て実践するだけ、必要なのはヨガマットのみ!実体験による「継続のコツ」も伝授します。年末年始のおうちステイ中にしっかり体を鍛え、新春を迎えましょう!

菌活するなら10種のきのこパワーが詰まった「ウルティマッシュ」!

皆さま、こんにちは! オランダ屋スタッフブログへようこそ♪   突然ですが、健康チェックは定期的に受けていますでしょうか?   何かドキッとする結果が出ていませんか?(私は悪玉コレ …

続きを読む

年齢による目の不調にはあのカロテノイドを♪

  皆様いかがお過ごしでしょうか?オランダ屋です。   先日、某テレビ番組を見ていたら、老眼についての特集が組まれていました。 私もそろそろ、“妙齢”と呼ばれるお年頃。 『なんだか …

続きを読む